スピーカーシステム 修理ご予約受付再開のお知らせ

大変長らくお待たせいたしました。
ご予約過多により休止しておりましたスピーカーシステム(エンクロージャーごと)修理のご予約受付を再開いたします。下記をご確認のうえ、ぜひ お問い合わせ よりご相談、ご予約ください。

お預かり予定時期

現在のところ、お預かりは 2022年10月以降 となる見込みです。

当社のスピーカー修理ポリシー

当社のスピーカー修理では、オリジナリティを尊重し、スピーカーが正しく動作するために必要な修理、オーバーホールをひとつひとつ丁寧に行います。「お気に入りのスピーカーをいつまでも…」そんな気持ちで、スタッフ一同最善を尽くすことをお約束いたします。くわしくは 修理ポリシー をご覧ください。

よくお預かりするスピーカー(ペア)の修理費用目安

  • Rogers LS3/5a:15万円程度
  • TANNOY ARDEN:25万円程度
  • YAMAHA NS-1000M:27万円程度
  • JBL 4343:40万円程度

※修理費用、修理内容は状態により変動いたします。正式お見積りは現物確認後となります。
※上記費用目安にはエンクロージャーやネットの補修は含みません。
※上記費用目安には消費税を含みません。消費税は別途申し受けます。
※上記費用目安には梱包手数料・往復送料は含みません。スピーカーサイズ、お届け先によりお見積りいたします。

ご予約前にご確認ください

  • 機種によっては 修理ができないもの、また輸送段階で破損する恐れのあるものがあります。お受けできないモデル をご確認ください。
  • ご予約、ご相談は お問い合わせ またはお電話にて 0235-29-1225 よりお願いいたします。
  • その際、メーカー、モデル名、不具合の症状(音が出ない、ビリツキがある、エッジが劣化している、左右でバランスが悪い、不具合は感じないがオーバーホールしたい…など)をお知らせください。
  • ほとんどのモデルにおいてメーカーからの部品供給は完了しているため、過大入力によるボイスコイル焼損、振動板・コーン紙の破損、ボイスコイル自体の劣化などがある場合は修理ができない可能性がございます。お気づきの点はあらかじめお知らせください。
  • いただいた情報をもとに、当社で修理が可能かどうか、可能な場合の修理概算価格、納期、お預かり予定時期、輸送方法などをご案内いたします。
  • 修理概算価格、納期などにご納得いただきましたら、正式にご予約ください。
  • ご予約順にお預かりさせていただきます。
  • お預かりの時期がまいりましたら、当社からご連絡させていただきます。
  • 修理内容にもよりますが、修理期間は2か月から2か月半程度です。

スピーカー修理についてよくあるご質問

Q:スピーカー全体を預けたいが、特定のユニットあるいはネットワークだけ修理してほしい
A:スピーカー全体をお預かりした場合は全体の修理・オーバーホールを必須とさせていただきます。特定のユニット、ネットワークだけの修理をご希望の場合は、お客さまにて特定のユニット、ネットワークをお外しいただき、単体の状態で修理をご依頼ください。

Q:エンクロージャーの補修、再塗装は可能?
A:モデルや状態により対応可能です。ご予約時にご希望をお知らせください。ただし損傷のひどい場合など補修できない場合があります。

Q:サランネットの貼り替えは可能?
A:モデルや状態により対応可能です。 ご予約時にご希望をお知らせください。ただしネット枠の状態などによりネット貼り替えができない場合があります。

Q:エンクロージャー、ネットだけの修理は可能?
A:エンクロージャー、ネットだけの修理はおうけしておりません。スピーカー全体の修理・オーバーホールと合わせてご用命ください。

Q:ユニットの再着磁は可能?
A:一部モデルを除き、ユニットの再着磁も承ります。当社では原則としてすべてのユニットで、お見積り時にギャップ内で磁束密度を測定いたします。その結果、同モデルの平均的数値から外れる場合や左右で差異が大きい場合は、再着磁をご提案しています。

Q:大型スピーカーの輸送はどうするの?
A:安全な輸送のため、当社でご用意しているスピーカー輸送箱をご利用いただきます。さらに一定サイズ以上のスピーカーはピアノ搬送でのお返しとさせていただきます。輸送費用はスピーカーのサイズとお届け先により変動しますので、別途お見積りいたします。

Q:長く倉庫に保管してあって状態がわからない。そのまま送ってもいい?
A:ご依頼前に必ずお客さまご自身で外観と音をご確認いただき、状態をお知らせください。

Q:購入先から直接レリックに送ってもらってもいい?
A:第三者からの送付はお断りさせていただきます。ご依頼前に必ずお客さまご自身で外観と音をご確認いただき、状態をお知らせください。

Q:概算価格と実際の費用の開きはどのくらい?
A:酸化や劣化の状態によりユニット1本あたり3,000円~10,000円程度の加算をさせていただくことがございます。また他社・他者さまで修理していたり、改造したりしている場合もユニット1本あたり 5,000円~ の加算をさせていただくことがございます。

Q:まだ購入していないが、インターネットなどで販売中のスピーカーの修理概算費用を見積もってもらえる?
A:写真や文字情報だけでは判断できないことが多々ございますので、インターネットなどで販売されているスピーカーにつきまして個別の修理可否の判断、修理費用のご案内はできかねます。

Q:正式お見積りの後キャンセルは可能?
A:正式お見積り後のキャンセルも可能です。その場合、お見積り点検料を申し受け、お見積りにあたって分解しているものは分解したままでのお返しとなります。なお、オーディオラボオガワ、レリックを通じても、これまで正式お見積り後のキャンセルはほとんどございません。

そのほか、ご質問がございましたら、何なりと お問い合わせ ください。