スピーカーユニットのみ、ネットワークのみでお預かりした場合の1本分の一般的な修理価格です。

  • お預かりする修理ご依頼品の状態はさまざまですので、現物をお預かりの上、正式なお見積りをさせていただきます。
  • 下記修理料金以外にご負担いただく金額もございます。ご依頼の前にをご確認ください。
  • ここに記載されていないモデルの修理の可否、価格は お受けできないモデルをご確認の上、お気軽に お問い合わせ ください。
  • エンクロージャー(ボックス)全体は現在新規受付はしておりません。お預かり可能になりましたら当ホームページでご案内いたします。

エッジ貼り替え・交換が必要なスピーカーユニット修理(ウレタンエッジ等)

●メーカー:JBL、ElectroVoice、YAMAHA、ONKYO など海外製品、国内製品問わず

【修理内容:エッジ貼り替え(交換)、磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整】

基本的にエッジ貼り替えに磁気回路のオーバーホールを含みます。
ほとんど全ての個体は磁気回路に酸化、汚れがあり、動作に影響を与えますが、エッジ貼り替え時に磁気回路のオーバーホ―ルを行うことでユニットをより長く快適にお使いいただけるようになります。

口径モデル例1本の概算修理価格
46cmJBL:2245H41,500円(税込 45,650円)
38cm以上JBL:ME150H (修理手法)50,000円(税込 55,000円)
38cm以上JBL:2235H、 2231A、 LE15A、 136A34,500円(税込 37,950円)
30cm以上JBL:1400Nd、2214H、LE125S-12、ME120HS41,500円(税込 45,650円)
30cm以上JBL: LE14A33,500円(税込 36,850円)
25cm以上JBL:2121、 2122H、 125A、127A28,500円(税込 31,350円)
20cm以上JBL:LE8T、 116A27,500円(税込 30,250円)
20cm未満KEF:B11026,500円(税込 29,150円)
ドロンコーンJBL:PR10、PR820,000円(税込 22,000円)
その他DIATONE:P-61012,800円(税込 14,080円)
その他Lowther:PM6
AcusticLab:Boleroツイーター
38,000円(税込 41,800円)

●メーカー:TANNOY

【修理内容:エッジ貼り替え(交換)、磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整、高域側ボイスコイル再引出】

TANNOYのユニット修理には、高域側ボイスコイルの再引出を含みます。多くのTANNOYユニットでは、高域側ボイスコイルの引出部の酸化が進行しています。再引出を行うことにより、高域側の断線を予防することができます。
ただしボイスコイルの線材自体の劣化が進んでいる場合は、ボイスコイルの再引き出しをしても断線してしまう場合もございます。ご了承ください。

口径モデル例1本の概算修理価格
38cm以上HPD38564,500円(税込 70,950円)
38cm以上Canterbury15ユニット、 3828など ※168,500円(税込 75,350円)
38cm未満HPD295 (ウレタンエッジ)、 HPD31563,500円(税込 69,850円)
38cm未満Canterbury12ユニットなど ※167,500円(税込 74,250円)

※1)ネットワークとの接続部が四角い形のユニットは、接続端子であるコネクタコンタクトが酸化、変形している個体がほとんどです。これは接触不良の原因となるため、コネクタコンタクトの全数交換を含んでいます。

エッジ貼り替え・交換が不要なスピーカーユニット修理(ドライバー、紙エッジ、布エッジなど)

●メーカー:問わず

【修理内容:磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整】

タイプモデル例1本の概算修理価格
一般的なユニット、
コンプレッションドライバー等
JBL:075、 375、 2405、 2420、 2440、 275Nd、 475Nd、 D123
ALTEC:288-16G、 802-8D
21,000円(税込 23,100円)
同軸2WayユニットALTEC:604-8G、 605B、604E48,000円(税込 52,800円)
特殊素材を使用したユニットALTEC:755E37,000円(税込 40,700円)
特殊素材を使用したユニットGOODMANS:AXIOM8060,000円(税込 66,000円)
特殊素材を使用したユニットJBL:D130 (後期布エッジ)、 130A (後期布エッジ)、 2213H45,000円(税込 49,500円)

●メーカー:TANNOY

【修理内容:磁気回路オーバーホール、防錆処理、動作調整、高域側ボイスコイル再引出】

TANNOYのユニット修理には、高域側ボイスコイルの再引出を含みます。多くのTANNOYユニットでは、高域側ボイスコイルの引出部の酸化が進行しています。再引出を行うことにより、高域側の断線を予防することができます。
ただしボイスコイルの線材自体の劣化が進んでいる場合は、ボイスコイルの再引き出しをしても断線してしまう場合もございます。ご了承ください。

またターミナルの交換を含みます。MonitorGold系、HPD295タイプはターミナルごとの代替品交換、Westmister/HE、3809タイプは金属端子の交換となります。詳しくは TANNOY 同軸ユニットのコネクタ端子交換 をご覧ください。

タイプモデル例1本の概算修理価格
同軸2WayユニットMonitorGold (15/12/3LZ)、HPD295 (ゴムエッジ)63,000円(税込 69,300円)
同軸2Wayユニット Westminster/HE、 380952,000円(税込 57,200円)

ネットワーク修理

●メーカー:JBL、TANNOY、ALTEC等

【修理内容:動作チェック、部品交換、半田修正、接点クリーニング】

不良素子があった場合の部品交換は別途加算させていただきます。

メーカーモデル例1本の概算修理価格
JBLLX5、 N1200、 3105、 N700016,000円(税込 17,600円)
TANNOY基板型 HPD38513,000円(税込 14,300円)
TANNOY箱型 MonitorGold (15/3LZ)16,000円(税込 17,600円)
ALTEC604-8G用ネットワーク16,000円(税込 17,600円)
ALTEC604-8H用ネットワーク21,000円(税込 23,100円)

エンクロージャー全体の修理

エンクロージャー(ボックス)全体は現在新規受付はしておりません。
お預かり可能になりましたら当ホームページでご案内いたします。


お手数ですがユニット単体、ネットワーク単体での修理をご依頼いただければ幸いです。